【自己実現欲求へ】成功と幸せと天才と

けんすいまにあの生活

天才だからと言って、成功するとは限らない

成功したからと言って

幸せとは限らない

幸せってなんだろう

そう考えると

最近のジレンマが見えてきた。

人から見られてないからって

自分に言い聞かせながら

人に注目されたいと願っている。 

そんなジレンマ

人に注目されたいと思うことはつまり

集注欲求が強いということ。

集注欲求は

主に赤ちゃんが保護してくれる対象に向けて

この欲求を発動すると言われてて

この欲求がないと

自分(赤ん坊)が危険な状態でも

保護者が気付かずに

死んでしまう

だからまだ俺は赤ちゃんなのかもしれん

集注欲求が転じて

承認欲求になるっていわれてて

承認欲求は

マズローも言ってた通り

自己実現欲求に進むためには

乗り越えなければならない欲求。

人に見られてないって思おうとしてるのは

この承認欲求から脱却するためであり

それが幸せに繋がってると信じているから

しかし今この瞬間を

生きる

生きようとすればするほど

やりたいことをやりたい

そのための時間とお金が欲しい

社会に対して何か価値を提供したいと思う

価値を提供するだけではなく報酬を意識せざるおえない。

そんな僕は生き急ぎすぎなのだろうか…?

人の役に立ちたいと思う一方で

人から称賛されて、注目されたいと思うのも

このジレンマを解消する上で

重要な事実だと思う。

注目されても幸せになれないって頭でわかっている

いや、

注目されたいがために自分の本心を捻じ曲げることが

不幸の入り口だとわかっている。

でも気持ちいいからやめられないし

相手の反応が怖いから、自分のキモチを捻じ曲げてしまう

キモチを冷静に伝えようとしても

感情を表に出さないようにするだけで精一杯で疲れ果ててしまう

過去の自分が敬虔なまでに築き上げてきた誰かの価値観を

度外視した自分の”生”の意見

そんなもの堂々と言える度胸なんて持ち合わせてなくて

そもそも言う必要はあるのか?

わからないけど

人にみられようとみられまいと

明日死んでもこれをやりたいみたいな

言葉じゃなくて

そんなものを

見つかる日が

くるのでしょうか・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました