【哲学】なぜふわふわするのか?【思考と感情の扱い方】

哲学

どうも

なぜふわふわするのか

そんなフワフワした題名しかつけることができない

フワフワの申し子こと

けんすいまにあです。

僕は最近では厚かましいことに

皆さんの税金を頂きながら

毎日1ページをモットーに

善の研究-全注釈-を読み進めております。

それは自分が幸せになる為にしてるんですが

なかなかこの本がむずかしいのです。

この間読んだページで

自分の行動や考えが

ずっとふわふわする感覚があるのは

まさかこいつのせいなのではないか?と思ったので

皆さんに共有したいと思います。

なぜか他人事な自分の人生

僕は昔からふわふわしてるって言われるんですよね

地に足がついてないとか

身の程知らずとか

自分でもふとした瞬間にすごい高飛車な態度をとってるなって思うことがあります。

それは自分では普通だと思ってるんですが

人から見たら自分の立ち位置をわかっていないってなるのです。

ずっと疑問でした

なんでか自分の人生が自分のものじゃないような感じがする時があって

他人事みたいに思えるんですよね

なんでかなーってその時は考えてもわかりませんでした

善の研究の一節

で、最近読んだ善の研究のある章で

こんな文章がありました。

【思考は主観的なものですよね?意識や意志というのは主客同一なものなんです】

口語訳してるのでなんか馬鹿っぽいね

たしかに”意志“こそが自分であって

意志は主観と客観が統一されてるモノだって

その言い分はとてもよく分かります(今では)。

でも

あたかも大前提として、みんなの共通認識として

思考は主観的なものだと言ってて

びっくりしました

思考が主観!?感情が客観!?

あれ?

俺の感覚的に

思考は客観的なもので

誰かに教わるもので、誰かから借り受けるもの

みたいな立ち位置でした

感情こそが自分のモノで主観的で

って思うようになったのも鬱になってからで

その前は感情さえも自分のモノじゃなかった感覚がありました。

そんな感情と思考が一致したら

意志になるとずっと思ってました。

けどよくよく考えてみると

感情って感じる瞬間は

確かに自分から出るものだから

主観的なものかもしれない

でもそれを表現したり自分で理解したときには

過去の感じた瞬間の自分のことを

”主観”と”分かる”時点で

それを評価してる自分の立場は

客観的なモノになるんだなって思いました。

感情こそが客観的なものだった!(チョロい)

で、今まで客観的だと思ってた思考

自分に入るまで媒体によって違いますが

字でも音でも

客観的な評価が出来るものかもしれません

でも自分が信じるとか、自分が選ぶ

その瞬間に

その思考は主観的なものになるんだ!

だから思考こそが主観と的なものだ!って

なりました(←かなりチョロい)

そういえばパスカルが言ったやん…

人間は考える葦だとかなんとか…

感情こそが自分だって思って行動したらホームレスになった

そんなこんなで今日では

しっくりくるのですが

今まで思考は客観的なもの

感情も客観的なものって思ってたから

だからこんな凄いふわふわした人間になってたんだなって腑に落ちました。

自分の人生があたかも誰かが作った物語

みたいに思えたのも

この勘違いによって

思考は他人の物だって

刷り込まれた為だって思いました。

気がついたときにはすでに遅く

鬱になって人なんか信じないってなって

感情こそが自分だっ!て言うようになって

客観的な思考を”完全に”シャットアウトして

感情だけを頼りに生きた結果

1ヶ月後

ホームレスになってたんですけどね☆

約3週間ホームレスをして

思いました。

感情ってコロコロ変わるから自分が振り回されるわ…

それで何も信じれなくなりました。

意志は主客同一

鬱になる前の22年間

人の人生を生きてるように感じてたのに

そこそこ充実して生きてこれたのは

親や周囲に支えられてたからと言うのもありますが

意志が主観的だったのと

思考も感情も客観的だったから

ちょうどバランスが取れてたのかなって

でも目標だけあってその目標をただただこなす

まるでロボットだったなぁ、今思えば

それでまだ主観的な意志だけでも自分のもだったから

膨大な承認欲求も相まって

なんとか無気力になることなく生きてこれました

まぁ何回か死にたくなる時はあったけども…

しかし仕事が始まって全てが崩壊しました。

今でさえ意志は

主客同一だって言われても

納得できるかもしれませんが

多分大学生の自分に聞いたら

「は?お前何言ってんだ?」

「意志こそ自分のモノでしょ」

って言うと思います。

今ではこんな認識で落ち着いてます

  • 感情は自分から湧き出るものだけど客観的なもので
  • 思考は与えられるものだけど主観的なもの
  • 意志は自分のモノだけど主観と客観が統一されてるモノ

これがバランスの良い考え方かな?

うん、そんな感じがする

みんなはどう思いますか?

そんな考えてない人もいると思いますが

僕は日本の哲学書として名高い”善の研究”の一文で、疑いようもなく”思考は主観的なもの”って言われてて

読んだ瞬間びっくりしました

もし一般的な考えなんてものがあるとするなら

どっちが普通の感覚なんですかね

まぁそんなこと考えても仕方のないことなのですが…

ということで今回はこの辺で

ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました