【悩み】★「誰か俺をそばに留めておいてくれないか?」○「良いよ」★「おっと、もう行かなきゃいけないんだった、ありがとう」

哲学

どうも

最近は哲学にハマっている男です

僕の悩み事というと

つうか、かれこれ3年くらいずーっと

“俺は本当に遊びたいのか?”

という【自問自答を繰り返すこと】を悩んでまーすっ!(チャラ男)

は?(キレ気味)

どういうこと?(心配)

そうです。僕は変な人間です。

僕の悩み

どーゆーことやねんというと

僕は過剰なまでに恋愛体質で

すぐ人を好きになります。

そして異常なまでに浮気性です。

なんだ、色恋沙汰かぁー?

そしてすぐに頭で考えてしまいます。

人に自分のことを好きになってほしいと思うので、

相手との関係を僕が集中できれば万事解決なのですが

やはり相手が僕の好意に応えてくれると

恐怖が生まれてきます。

もちろん好意に応えてくれるはずだ!とは思っていないので応えてくれなきゃその関係はおしまいなのです

それはたとえ色恋沙汰じゃなくても

もし好意に応えてくれてさらに近くに来てくれる人がいたとしましょう

この人を失えば俺はどうにかなってしまう

そんな強迫がやってきます

逃れようと

また目移りする。

よって

好きになろうとしてるのも逃げようとしてるのも自分なので

とうとう自分が分裂しそうになる、その前に何もかも無くすというループにハマっております。

ただ目移りするなら良い

わざわざ関係を無に帰す作業を通さないと気が済まないのが問題

そもそもなんでその人(環境)が居なくなるとどうにかなってしまうなどという強迫が生まれるのか?

そんな人に依存してしまうのか?

それは自分の中に心の拠り所がないからだと思うんです。

自分はこうありたい、自分はここが落ち着く

そんなポイントがあれば

相手の違いに悩むことなく

適度な距離感で居れる。

自分の中に自分の居場所がない

そんな感覚。

イカリの無い船が人という波たちに攫われて岸からどんどん離れていく、中の人は一生懸命離れないように元いた場所に戻る為に漕ぎ続ける

岸なんてものはもともと存在しないのに

しんどくなったら船から降りて海の中で一休みする。

元気になったら元いた船を壊して、また違う船を作って乗り込む

なんで元いた船に戻っちゃダメなの?

だってあの船にいても疲れるだけじゃん

船がダメなんじゃ無い、対岸なんてないのにもがき続ける事がダメなのか

もがかないと宇宙に放り出されるような感覚があってどうしようもなく孤独を感じる

それと同時にとても安心感がある

限りなく死に近い恐怖を感じる

いやその恐怖を感じ続けるくらいなら死んでも良いとさえ思う

なんでそうなったのか?

きっと親の愛情が足りなかったんだ

いやいや自分を許さないことで生きるモチベーションにしてきたからだよ

はたまた自分のことを棚にあげて物をいう行為を決して許せてないから?

0か100かしか選べないのはなぜ

死ぬまで遊ぶか

死ぬまで添い遂げるか

別にどちらが正しいなんて話じゃなく

別にどっちでも良い

他人のことなら

認めることができるのです

自分のことになるとどちらも”苦痛”でしかない

それはどっちかしか選べない(そう思い込んでいる)からだと思うんです

自分の体は一つなのに、

心が二つあるような状態

矢印は中心点から左右に対角線を描いて伸びていく

片一方に寄り添うともう片一方から緊急停止ボタンが押される

仮に遊ぶ道を選んだら

添い遂げる道を捨てなければならない

極める道を選んだら、旅をするのを諦めなくちゃならない

いつ持ったのか、持たされたのかそんな強烈な固定概念、正義感に自分が苦しめられている

そんな今日この頃です。

死ぬまで生きるだけの1匹の動物

さてと

どれだけ他人に優しくても、いつからか持った正義感に自分が苦しめられているなら手放す必要がある。最近そう思えた。

一個前の投稿で人生でやらなければいけないと思っていることを全て放棄したという話をしました。

これはある人の考え方に影響されたためだ

人生やらなきゃならないことなんて一つもなくて、

どうせ今この瞬間から死ぬまで生きるだけなんだから

死ぬまで生きるたった1匹の動物に過ぎないんだから

自分がしたいことを出来るだけ長い間し続けたいじゃん?

ってその人は言ってました。

まぁその人は先日大麻を警察署に見せに行って捕まったんですが、、

僕も全くその通りだと感心しておりました。

なんでこんな思い悩んで苦しんでいるのだろう?

幸せを感じれることをし続けたらいいじゃないの

簡単なこと、、

でもなかなか体が動きません

人から頼まれたことなら羽が生えて高速で飛び回るハエの如く軽々と動けるのに

自分のことになるとぬかるみに足を取られてどんどんと沼の底へ、、、

じゃあ何が自分の足枷になっているのか?

それは先程言った”正義感“だということに気がつきました。

やりたいことってなんだって真剣に考えた時に

まぁ衝撃的なリストが出来上がったのですが

その大半が利己主義な

自分が主人公の

自分以外の人間が全員背景に退くような

そんなものばかりでした。

でもそれでもやりたいことならやってみたらいいじゃん

そう思ったのですが

やはり僕はとてつもなく正義感が強く優しい人間らしく

そんなことしちゃダメだよ!

そういう声が聞こえてきます。

しかし、もう一方では「正義があるから戦争が起きる」「自分の欲に従ったらいいんだよ」って声が聞こえてきます。

はて、どっちが悪魔だ?

きっと大昔に自分が傷つけられて

自分の権利を剥奪されて

自分の領域を土足で踏み躙られた

それを許すしかなかった

結果人に対して過剰なまでの恐怖心が抜けないんだ

心を許すのはどこまで皮を剥いてもブラフ

いつまで経っても自分の中の不可侵領域からの攻撃が止まないんですよ

そんな攻撃から相手を守る為にさ

誰か俺をそばに留めておいてくれないか?って言い回って

いずれは誰か優しい人が「いいよ」って言ってくれる

そしたら僕は必ず

おっと、もう行かなきゃならないんだった、ありがとう

そう言ってその場を離れる

そんな寸劇を繰り返して10年くらい?

最近はひとりぼっちでもいいやって思えるようになりました。

てかひとりぼっちが安心

ひとりぼっちが最高の生存戦略である

さて、1人なら自分だけは自分のことを幸せに導いてあげよう

自分の幸せってなんだ?

まだ見ぬ景色を見るために経験欲を満たし続ける人生か?

好きなことに一点集中して他を諦め、自分のまだ見ぬ可能性を掘り下げて行ってどこまで行けるかを追求する人生か?

どっちもやろうか

対岸に見えて意外と近いかも?

まだ見えない自分の居場所を求めて

旅を続ける

善とはなにか

どうせ死ぬのになぜ生きるのかという問いに答えることができますか?

自分の幸せのためにやりたいことをやろう

やりたいことをする為にお金って大事だな

じゃあ生活保護もらおう

いつまで経っても生活保護よりかはいつかは独り立ちしたい

社会に価値を提供して報酬をもらいたいと思った今日この頃

その為には自分のしたいことをして

それがどんなニーズとして社会に”良い”影響を与えられるのか?

そういうことを考えました。

そしてまた沼にハマりました

良い影響?良い行い。

悪い行い、悪い影響?

そもそも社会って普遍的なの?変わり続けるものなの?

善悪、善い行いってなんだ?

すぐ頭で考えちゃう悪い癖ですね

僕自身、良い意味でも悪い意味でも

因果応報信仰

与えたら与えられるという法則を

信じています。(これも固定概念かな?)

give and take じゃなくて give and giveが良いんだよ

どっかの本で読みました。

うるせぇ

take され続けたから仕返しのtakeを取って戦争だ!

なんて、ナイフのような思考回路を持ち合わる訳もなくでも遊び足りない、何か足りない、困っちまうなぁ

超臆病の生存戦略は、いずれ与えられるかもしれない恩恵のために自分のしたいことの延長線上にある社会奉仕をし続けるだけ

1人で黙々と続けるだけ

だから出来るだけ善い行いをして

社会からのフィードバックを待って幸せになりたい。

そもそも効率を求める事は社会からの恩恵を少しでも期待してるからgive and take

期待しちゃいけないですかね?

けど自分の為にする行為は回り回って社会にとっても善い行いだと思っていた

またある時期からその時の行動を振り返ってみると、自分を軽蔑してとてつもなく邪悪に見えることがあります。

ほな自分の中の善悪なんてものはまやかしだった?

何が社会に対する良い影響なのか?

道に落ちてるゴミを拾うことは誰が見ても善い行いですよね

いやわかんないよ街が綺麗になったら渋谷を毎朝掃除するおっちゃんたちみたいに、誰かの仕事が無くなるかもしれない

社会に対して本当の意味で良い影響ってあんのかよ?

自分の世界のヤリタイコトをただひたすらやれば良いのにできない問題の根底にあると思う

この問い

善悪とは何か?

極力人に攻撃されたく無いから、善行をしたい

もし仮に

普遍的な世界がこの世にあるとするなら

その世界にあるルール

最近はそれを自分なりの解釈を得る為に

西田幾太郎 “善の研究“

を読もうとしています。

だいぶ古い本です

昨今のSNS普及による、社会の壁の崩壊、モラルだの常識だのという善の暴力で出版物が検閲を食らって昔の本も重版と同時に、密かに内容が刷新されるんじゃなかろうか

そんな被害妄想を繰り広げた結果 

あえて旧仮名遣い、旧字体の

できるだけ古い本を選びました

そして挫折しました

このひと全く何言ってるか

わっかんねぇ!!!

1ページ読むのに40分、わからない漢字が多すぎる!

骨に豊とかいて”体”って読むんすねぇっ!?

チーン(心が折れる音)

ということで全注釈本買いました

意味の意味を説明する必要性を感じないが、こんな注釈もあるくらい詳しく解説されている

これを読んで行きたいと思う。

変な人間だから

自分の拠り所を探す旅をつづけなきゃ

この脆い精神を保てない

いや、そもそも拠り所を欲してると言うか拠り所探しをしたいだけなのかも?

自分の居場所を求めるため

また新たな知見があれば

記事にしたいと思う

では

共有用short URL

★「誰か俺をそばに留めておいてくれないか?」○「良いよ」★「おっと、もう行かなきゃいけないんだった、ありがとう」
どうも最近は哲学にハマっている男です僕の悩み事というとつうか、かれこれ3年くらいずーっと“俺は本当に遊びたいのか?”という【自問自答を繰り返すこと】を悩んでますは?どういうこと?そうです。僕は変な人間です。僕の悩みどーゆーことやね...

コメント

タイトルとURLをコピーしました