承認欲求の〇〇だった。

懸垂(almost)

最近は考え事をしている時間が増えました。

皆さんに懸垂の小技や習得のための近道を教えたいと思っている反面

自分が何を求めているのか知りたいという欲求の方が強いので

今回はこんな話をしていきます。

 

承認欲求は生きるために必要であり幻想であった。

承認欲求は幻想だった

そして何より僕は承認欲求の”奴隷”だった

 

タイトル回収!

終わり!

撤収っ!

 

いや待って

ちょっとだけ付き合ってくださいお願いします。なんでもしますから

(ん?今なんでもするって言ったよね?)

 

さて

僕は今の今まで

人生をモテるために生きてきた。

モテると言っても女の子にとかではなく

自分以外の人、他者にモテる【承認される】ことに必死になっていた

承認には認められるや褒められることで自己重要感や自己肯定感を高める作用がある。

しかし

それは僕の”生きる技”でもあった

 

幼少期から

「〜のためにいきなさい」「頑張れないあなたは嫌いよ」

「あなたはそんな子じゃないでしょう?」「あなたのためなのよ」

 

そんなことを言われ続けて育っていた。

そうすると

何かに没頭して努力する自分が自分でも好きになって

結果がでて人から承認(褒められて)されて、

チヤホヤされて(もっとモテるように八方美人化

所属するチームや

自分の中で作り上げたつながりに貢献することが

いつのまにか生きがいになっていた。

 

24歳になって自分の気持ちに気がついた。

いや気付かされた。

承認欲求は幻想であった。

 

 

チームからの引退からの暗黒期を通しての気付き

 

なぜ気づいたのかというと

一番大きな原因としては

チームからの引退だった

 

心の中にぽかんと穴が開いたような感覚

 

宇宙に投げ出されたような孤独感

 

なんでみんなそんな楽しそうなんだろう。。。

なんで努力して頑張っているのに楽しくないんだろう。。。

 

それは自分が生きてきてチームに求められている自分という

 

幻想の自分が好きで、本当の自分の感情を押さえ込んでいたからだ。

 

僕の暗黒期が始まった。

 

卑屈になって、

言葉が汚くなって、

素直に謝れないし頼れない

誰も信頼できなくなった。

なぜ承認欲求で満足できないのか

本当の自分の感情に気付かされた時

僕は

人とのつながりや愛が欲しい

尊敬されたい、褒められたいなどの欲求が強いことがわかった。

 

じゃあその欲求に素直になればいいじゃないの?

 

でもそれでは満足できなかった。

 

なぜか?

  

超現実思考で脳内の問題だと考えると

【圧倒的ドーパミン不足】

ココロの問題でいうと気持ちの問題で言うと

【嘘を知ったから】だった

 

いや、厳密にいうと自分への欺瞞【=騙す・欺く】に気が付いたからである 

 

偽りの自分の真実の言葉=嘘

6

多分自分が自分で無くなった歳

なんとなくそう気がするだけかもしれないが

 

そこから18年の歳月を経て

作り上げてきた膨大な偽りの自分を

本当の自分だと錯覚していた。

 

それまでの自分は正直で、

人からの言葉も全部正直に受け止めることができた。

 

しかし24歳になって心が6歳で止まっていることに気がついた。

 

今までの自分は全て偽りの自分だったんだ

 

心の底から出てくる言葉じゃないなって薄々は気が付いていたけど

 

感謝しとけばいい、謝っておけば許されるって

 

そんなことを考えると

自分の

本音ってなんだ?

 

みんなの言葉が全て嘘のように聞こえてくる。

 

自分の本音探しが始まった。

  

自分に正直になろうと思えた後の気づき

一時はとても不安定になっていた

 

自分の本音が見つからない

 

嘘だと気づいているが

環境のせいもあって

ニコニコしてまた嘘をつく

そして毎回自分を責める。

 

自分も信用できない。他人も信頼できない。

 

しかし

最近は目先の快楽でもいいから

自分に素直になってみようと思った。

そうすると

気持ちが変化してきている気がする。

 

偽りの言葉、自信、行動でもいいじゃないか。

 

だから今この瞬間から自分だけは自分の味方になろう。

 

自分だけは自分を

嘘でもいいから褒めてあげようって。

 

人の言葉なんて

嘘でもほんとでも結局のところ

きれいなものは人に勇気を与えるし

汚いものは人を不愉快にする。

自分で発した言葉を自分に投げかける時は

悪いところを見たあとに良いところも見てあげて

それを言葉で投げかけてあげよう

 

人の言葉なんて信じても信じなくても良いんだって

人って何考えているかわからないんだから

結局の所

他人の心は”不可侵”なんだって

 

たよれるのは自分の言葉だけ。

脳に嘘をつけ!脳を騙せ!

 

よくここまで生きてこれたな

こんな簡単なことになんで気がつかなかったんだろう・・・ 

 

そして

ここまでよく生きてこれたな。。

 

周りの人たちへの感謝の気持ち半分

 

親や幼少期の環境、自分の素質に対する不甲斐なさというなのどこにもぶつけることのできない怒り

 

だから

衝動的になるし

怠惰でどうしようもないやつにみえるかもしれない

 

今はまだ不安定

 

結局のところ

変わることができるのは自分だけだって 

 

そうやって誰にも奪われない承認欲求を

自分で満たして

自分で満たされて

そうして溢れ出した心のコップから出る幸せでしか

人を幸せにすることはできないんだなって

 

まずは自分に優しくなろう

正直になろう

やりたいって心が叫んでいることに

したがってあげよう

 

そうやって

選んだ選択肢の中でも

もしネガティブな選択肢でも

他人と衝突しても

溢れ出るネガティブな気持ちも嘘をつかずに味わって

小さな成功をこれでもかというくらいに褒めてあげよう

そうして少しずつ成長していこう

 

そしてちょっぴり余裕が出てきたら人に優しくできるようになろう

 

そう思えた今日この頃でした

 

終わり

 

ここまで読んでくれてありがとう。

 

お仕事、勉強お疲れ様です。

鏡の前の自分に対して

【今日もお疲れ様、〇〇は偉いなぁ、かっこいいなぁ、素敵だなぁ、頑張ってるなぁって】

言ってあげてくださいね

 

んじゃ

コメント

タイトルとURLをコピーしました