性欲中心の性活(紀州のドンファン~美女4000人に30億貢いだ男~書評

書評

おはようございます

けんすいまにあです。

今日はタイトルからびっくりされた方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

それもそのはず

今回紹介する本

紀州のドンファン~美女4000人に30億貢いだ男~

著者である【野崎幸助さん】は

晩年覚醒剤のオーバードーズで逝去されるまで(死因は定かではない)

美女と関係を持つためにだけに働き、鉄屑拾い、コンドーム売り歩き、貸金業と資産を増やしていき最終的に不動産業、酒、梅などの飲食販売業を手掛け

最終的に関係をもった4000人に30億円を貢ぐという

男の中の漢です(?)

 

まぁここまで経歴を聞くと、エネルギッシュで

血気盛んな男のように感じますが

文面はとても物腰柔らかいおじいちゃんって感じで

相手のコトを立てて話すので

読んでいるこっちも心地よく読むことができました。

 

本書のおおまかな内容

本書の内容としては

著者の野崎幸助(以下野崎社長)が50歳年下の愛人に6000万円分盗まれる事件から

野崎社長の幼少期

→童貞喪失→

娼婦に馬鹿にされるのを機に会社を辞める

→鉄屑拾いから巨万の富を築く

→生涯現役宣言

まで流れていきます。

詳細を知りたい人はぜひ本書をとっていただき読んでもらいたいと思います。

 

単純に読み物として面白い

本書を手に取ったのは僕自身人生の方向に悩んでいて

多忙で自律神経を崩した時は

人間関係が希薄に思えて

どこか誰も知らない土地に移り住もうかとか極端な考えに陥ったのがきっかけで

何も考えずに暮らしたいな~と漠然とした思糸は裏腹に明日も会社に出勤しなくてはならないとなって

何起きなしにメルカリサーフィンしてたときに目に飛び込んできた本でした。

 

この人はどんなことを思いながら生きているのだろう・・・

 

この本に登場する人物は野崎社長の知り合いで多分実在する人達です、

しかしながら野崎社長の核にある”常識じゃなくて気持ちに従う“

というある意味超まっすぐな性格

は誰しもがこんな真っ直ぐに生きることができたら苦労しないのになと

おもう憧れの考え方から

このフィルターを通った登場人物たちは

人間味があって「良いところ」も「悪いところ」包み隠さずに

本書で紹介されているので

ある意味で情がわくというか、「こういうやついるいる!」ってなります。

その他やはり只者ではない社長の語り口が面白くて、ところどころに小ボケを挟んでコンドームの実演販売に勤しんでいるところや

例えば、コンドームの実演販売で

途中旦那さんが帰ってきて半裸のまま家から逃走するとか

かなり緊迫した場面なはずなのにコミカルに語るところ。

こうした野崎社長の人柄が、この本を人生論的な教養本ではなく、

まるでSF漫画のように、別世界を旅した日記を読んでいるのかなって変な感覚に落ち入りました。

50年前とかの話でそう遠くない時代の話で

和歌山と東京といったゆかりのある土地が舞台なのに不思議です。

※和歌山は幼少期毎年墓参りに行っていた、東京は大学から社会人までの7年住んでいる。

 

エロジジイ最高!

さてこの本を読んで思ったことは

くよくよせずになんでもやってみろということです。

 

人間ってどこまでも欲深いといいますか

強欲だなぁって思います。

いろんな強欲な人たちに囲まれながら

自らは真っ直ぐに生きてきた野崎社長だからこそ

最後まで富を失う事なく

死ぬことができたんじゃないかなと思います。

本書を読むと悩んでいる事が馬鹿らしく思えてくるほどです。

そんでもって覚悟を決めた男は強いなって

芯がぶれない。毎朝3時に起きて仕事をして午後は自分の活動をする。

そんな生活ができるのはきっと

自分自身1番やりたいことがはっきりしているからで人に流されないという自信が伺えます。

 

野崎社長に見え隠れする自尊心欲求と自己愛性パーソナリティー

前回前々回と”自尊心”をテーマにした

教養本を手にとってよみましたが

野崎社長も軽度に

自尊心欲求の虜になっていると感じました。

読み物として面白いと語った時になぜ面白いのだろうと考えたとき

社長は相手のことを立てるとともに概念的なものに関しては自分のことを下にする癖が見えます。

例えばお金持ちやイケメン、エッチのテクニックなど

人と比べようがないもの、人の評価に関するものにおいて度を越して謙虚なのです。

まぁ実際あったことはないし

本の書き言葉とは実際の野崎社長とは全然違うかもしれませんが

どれだけお金持ちになってもお金持ちの端くれにも及ばないと言っていたり、イケメンではないと言っていたり、エッチのテクニックはまったくないと言っていたり

自己愛性パーソナリティー障害の症状?(極端な卑下=自分を下にする言動、浮気を続ける、物質的価値に依存するetc…)のようにも取れる行動が

垣間見れました。

 

しかし本人が幸せで人に迷惑になっていない状態(障害ではない)なら

本人なりに相手に貢献できていると思えるなら、

いいんじゃないかなとも思います。

本書で出てきた、鉄屑拾いの成果を横取りするような3個上の関口や、居酒屋で15000円のアガリ【=本来の金額より高い金額を言って本当の金額との差額分を自分のポケットに収める方法】を官公庁職員の桐口のような男にだけはなりたくないと思いました。

 

物質での繋がりを超えた【愛】を信じ生きる強さvs物質でつながった【愛】を味わい生きる者

さて

本書でも紹介された野崎社長は幼少期から”モテたい”が原動力になって

さまざまな苦労や辛酸をなめて成功し、幼い頃からの夢でもあった美女との付き合いを通して人生を謳歌したわけですが、

誰しも一度はモテたいと、たくさんの異性と関係を深めたいと考えていますよね(特に男性は)

さて僕は昔ナンパをしていたのですが、行きずりの関係を経験したこともありました。

しかしながらかなりわがままなのですが、当初の目的である”モテ”は実現できたのですが、どんどんと苦しくなっていったのです。

それから本を読んでなぜモテの裏側に”苦しさ”があるのだろうと考えたときに

人間の快楽には”慣れ”というものがあるからだという結論に達しました。

 

ここからが人間の分かれ道です。

一人を信じ続ける強さを手に入れその他の欲求に快を求めて満足するか、

物質的なつながりと知りながらお互い割り切った関係として満足するか。

どちらも真逆のように見えて本質的には一緒のような気がします。

前者のような人は

お酒、ギャンブル、SNS、砂糖など”依存症”と言われるような活動に快を求めたときに

破滅へ向かうし

後者は物質的に裕福でなくなったときに破滅へ向かいます。

 

しかしながら野崎社長のように日々自らを戒めて仕事をし

真っ当にいきてきたなかで得られたものを

核にあるのが自分の欲のためとはいえ

人に貢献するような使い方をする【野崎社長はお礼として毎回関係をもった子に30万~40万のお金を渡していた】

そういった生き方だからこそ

最後を迎えたときまで自分のしたいことができる

人生を送ることができるのではないかなと思いました。

 

綺麗事抜きで真っ直ぐに生きたい

綺麗事はどれだけでも言えますが、 

一人を信じ続けて映画の主人公のような強さを持つ人ばかりではありません。

しかし自分が幸せに思うこと、相手が喜ぶだろうなと自分が想像する範疇でしかを相手を幸せにすることはできません。

自分の幸せ=他人の幸せ という自己中心的な考え方ですが

人はどうしても自分が世界の中心で、自分の常識がいつのまにか世界の常識になってしまいます。

ときには自分を俯瞰して行動を評価して失敗したと思ったら反省して”過去の行動に対して”現在の自分を責めない。

自分が嫌だなと思うことや”後ろめたい気持ちになることはしない”ことが

人生をより豊かにしていくのではないかと思います。

そういう意味では

野崎社長の生き方はとても憧れます。

 

ぜひ気になる方は読んでみてください

本書では他にも

貸金業者特有の苦悩や、エロオヤジの人情味あふれる行動など

自虐とボケ折り混ざって不愉快にならずに楽しめますので

ぜひ手にとって読んでみてはいかがでしょうか

 

ちなみに通勤電車の中で

カバーを付けずに

この本を読んでいると

かなり変な目で見られるので

読みたい方は別売りのカバーを買うか

帯は取ることをおすすめします。

 

では今回はエロオヤジの自伝を読みました。

次回はすこし雑学的な本を読みたいと思います。

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

次回もお楽しみに

nnja

コメント

タイトルとURLをコピーしました