目標&目的がなくても継続できる方法/9日目

けんまにチャレンジ

マニアック!懸垂マニアです!

今日は

ライブで頂いたコメントにお答えしていきたいと思います。

 

目標目的がないからトレーニングが続きません。」

 

僕は20kg懸垂の世界記録が目標なので毎日懸垂をしています

その方いわく

部位を特定することなく

すべての筋肉をまんべんなくトレーニングをしている

とのことだったので

なかなかハードな鍛錬が必要だなと感じました。

 

結論から言うと

特化するか、工夫することで

そのモチベ倦怠期を抜け出すことが出来るような気がします。

 

さて今日は

セルフモチベーションの高め方をご紹介します。

セルフモチベーション①特化する

さて特化するについて

具体的に説明していきたいと思います。

特化するとは、

鍛える部位種目を決めてしまう。という方法です。

このコメントをくれたRさんは筋肉をつけることを目的としているので、種目や部位で0か100になってしまいがちです。

「あぁ今日は30分しかないからやらなくていっか・・・(0)」

「2時間あるから死ぬほど追い込んでやろう!(100)」

 

筋肉しかり世の中のすべてのことは一朝一夕で成し遂げることは出来ません。

部位を決めて行うと、

0or100思考から脱却する最強のモチベ術

これだけはやる思考に転換しやすくなります。

僕は広い背中や大きな肩が好きなので

もし懸垂にはまらずに筋トレを始めたとしたら、

形トレマニアになってたと思います。

「あぁ今日は30分しかないから肩だけやろう。」(0)

「2時間もあるから肩だけじゃなくて胸も背中も出来るな・・」(100)

このようにじつは人間不思議なもんでどんなにやる気がなくても

動したらモチベーションなんて

あとから付いてくるもんなんですよ

行動する”きっかけ”が必要。

きっかけをくれるのがこれだけやろう思考

是非参考にしてみてください。

 

セルフモチベーション②工夫する

さて

つらつらとモチベーションについて語っていますが、

意思が本当に強くても

これだけやろう思考になっていても

やりたくなくなる。そもそも筋トレが好きなのか

わからなくなってきたらどうしようもないですよね。

体や心が疲れてくると「本当に好きなこと」でも

「嫌いなんじゃないか?」と心に迷いが生まれるときがあります

そこでもう1段階

自分のモチベーションを高める術を

このマニアックなブログを見てくれいている方に

教えちゃいます。

それは、、、、

脳をハックする

です。

人間はいい意味でも悪い意味でも

脳の奴隷です。

脳が変わらなければ行動も意識も変わりません。

 

 

脳の奴隷になるな

例えば

人間の脳に他者から

ハックされた事例を

ご紹介しましょう。

「コロナにかかっても良い」コロナ自粛中パチンコ店に長蛇の列

2020/04/29のテレ朝ニュースです。

 

そう、パチンコです。

ここでは良い悪いをはっきり言うのはよしますが、

 

パチンコがなぜやめられないか?

それは脳がパチンコを美化しているからです。

小学校のときに美化委員っていませんでした?

脳にも

3人の美化委員がいます。

それは

お金時間労力

 

人間の三大コストをすべてつぎ込んでいる

労力を注ぎ込んだものを手放すことって

難しいですよね?

だから

頭では負けると分かっているのに

脳が言うことを聞かない状態

それがパチンコです。

 

これ、筋トレに応用できるんじゃないか?

お金、時間、労力、

時間と労力努力

お金器具

そこにさらに

自分でこのようなブログやSNSなど発信するサイトを

つくって”肩トレ”の良いところを

調べまくって”良さ”を見つけていく(労力

 

続けていくともう

やめられない

止まらない

カルビーかっぱえびせんのごとく

筋トレに夢中になっている

貴方がいるはず!!!

 

今回紹介した方法をすれば

筋トレだけでなく

勉強や仕事にも応用できると思います。

もちろん、大きな目標や、目的を持つこと

にもメリットはたくさんありますが、

大きすぎる目標や目的を目の前に

自分の現状のギャップに打ちのめされて

モチベーションがだだ下がりするデメリットもあります。

 

今回紹介した方法が

貴方の人生が一歩でも前進できる

そんな手助けになれば幸いです。

 

はい

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

また次回の記事でお愛しましょう

また

コメント

タイトルとURLをコピーしました