懸垂の種類⑥ ”振り子懸垂”

マニアック 懸垂マニアです。

今日は懸垂の種類をご紹介します。

懸垂は単純な動きに見えて使う筋を調整すると

沢山な種類があります。

今日はその一つ 振り子懸垂についてご紹介します。

振り子懸垂とは、、、

具体的に言うと 抱え込みチーティング懸垂の最上位版です

それが振り子懸垂です。

チーティング懸垂=チートを使った懸垂。抱え込み=前面部を使った懸垂

世の中には筋トレにおいてチーティングをすることはよくないと言う人もいます。

秩序のある社会やルールの中で行われるスポーツなどの試合においてチート(cheat:だます・欺く・不正)をすることは絶対にダメです。

しかし懸垂でのチーティングはメリットが沢山あります。

自分の体を変えたい。健康になりたい。に近道することは悪いことでも何でもなく良いことです。むしろ短期的に結果を出すと言う意味では絶対に必要なことです。

自重がスタートな懸垂にとって 体重の負荷が上がらない初心者にとって

チーティング懸垂を行うことは必要不可欠だと思っています。

そもそもこの振り子懸垂ならびにチーティング懸垂の威力は

抜群のストレッチの効果と体の動かし方を習得し、運動能力の向上が期待できるため多種多様のスポーツに応用が効き、ダイエット効果も普通の懸垂よりも何倍もあります。

ムキムキを目指さずにスマートで活力のある生活だけでいいと言う方に最適な懸垂だと言えます。

日本人は骨格上お腹周りに肉がつきやすい骨格になっています(骨盤の後傾)

逆に海外の人に多いのが背筋がつきやすい骨格(骨盤が前傾)なっています。

どちらもメリットデメリットがあるのですが、

僕はメリットを伸ばしたいタイプなので

抱え込む懸垂を推奨しています。そして振り子懸垂も

振り子懸垂については

動画にするので少々お待ちを

今日は手抜きです

疲れました、寝ます

では

コメント

タイトルとURLをコピーしました